絶対に試合に勝ちたいという思い

  • 2016.11.29 Tuesday
  • 17:54

頂いたお頼りを紹介します。

 

 

私はバスケットボールを約11年間続けてきました。


スポーツが大好きなことと、

負けず嫌いなところがあったためかなり熱心にバスケットボールに取り組んでいました。


小学校の頃はあまりうまくプレーができなかったことをよく覚えています。


中学生のころは、

同級生の気がかなり強く、

私はかなり弱気でした。


高校でも弱気な自分がいましたが、

このままではダメだと思い、

本気で頑張ろうと思いました。


そんななか、

私は2年生の時に足首の舟状骨という骨があるのですが、

疲労骨折をしてしまいました。


そのため、

1年間くらいは全くプレーができず、

みんなにおいてかれる不安や焦り、

バスケットができないストレスから毎日泣いていました。


そんな中、

怪我も治り、

3年生最後の大会にも出られるように回復しました。


試合は負けそうになり、

私はどうしても勝ちたいという思いでプレーをしていました。


そんなとき、

私は何を思ったのか相手の皮膚をつねってしまいました。


どうしても勝ちたいという思いから、

スポーツマンらしくない行動をしてしまいました。


気が弱かった私がここまで情熱を持ってバスケットに向き合えたことがいまでも誇りです。


しかし相手には悪いことをしたなと思います。


今バスケットを本気でやっている人は後悔のないよう、

全力で戦ってください。

5対5が2対5に!私が経験した驚愕ルール

  • 2016.11.18 Friday
  • 13:18

今回も頂いたお頼りを紹介します。

 

 

 

中学生の頃、バスケ部に所属していました。


私が2年生になった時に創設された部で、部員は定番の女子バスケ部としては少ない8人ほどでした。


経験者もおりましたが、ほとんどが初心者の集まりのため毎回市内最下位を争う弱小チームでした。


その日は公式試合で1回戦を行っていたと思います。


たまたま欠席が多かったのか、退部したのか詳細は覚えておりませんが、部員の数は5人でした。


バスケの試合は5人で行います。ギリギリです。


それでも試合は始まり、5人全員がコートに立ちました。


ベンチがコーチ1人しかいないのは新鮮でした。


バスケのルールでは、5回ファールをしたら退場です。


初心者の私たちはもちろん、ファールも多いです。


でも、今回は5人しかいないので猶予はありません。


それなのに、1人退場しました。試合は続きます。


2人目が退場し、5対3になりました。試合続行です。


この時点でもうギリギリです。


1人で1.6人分のパフォーマンスをするだけの技術も体力もありませんでした。


相手に合わせて走るので精いっぱいです。


そして、3人目が退場しました。


ああ、これで試合終わる・・・と安堵したのも束の間、「続けてください」と審判から言われ、唖然としました。


バスケのルールでは、交代の選手がいない場合最後の1人になるまで試合を続けることができるらしいです。

(なお、およそ10年前の話なので今のルールにも適応されるかはわかりません。)


私は最後の2人の中に入っておりましたので、なんとか時間が過ぎるのを祈りながら走りました。


母親は爆笑、祖母は大号泣して観戦していたとのことです。

 

 

 

 

100点ゲームはアシスト力も大きいチームの憧れ

  • 2016.10.30 Sunday
  • 18:05

「100点ゲーム」とは、
1ゲーム100点を1人で獲得するという、
奇跡的なゲームのことを指します。

 

今まで公式な試合で達成した人は、
1960年代NBAに所属していた、
「ウィルト・チェンバレン」ただ一人です。

 

3点シュートが存在しなかった時代、
1人で100点は奇跡的だと考えられました。

実際他に達成した人はなく、
その難しさはバスケット選手の誰もが実感します。

 

このゲームでのアシスト力は、
後世の専門家が見ても、
最高のチーム力なのです。

シュートはボールをもらえるからこそ、
みんなが自分に回してくれたからこそ、
この結果は産まれたのだと彼は言っています。

 

この言葉で、
チームが彼の100点ゲームを積極的にアシストしたのだと、
理解できます。

 

それにしても、
決定率の高さは他のスポーツでも稀な数字です。

 

現代でも100点ゲームを狙い、
プレーしようとする選手は存在しますが、
そのアシストは徹底できず、
マークされ崩されてしまうのが常です。

 

現代の公式ルールの厳しさが、
この偉業の難しさを際立たせているのかもしれません。

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< November 2016 >>

ボールグッズ

ボールショップ グラシアス

サッカーショップ

卓球ショップ グラシアス

フルーツショップ

フルーツショップ グラシアス

アニマルズ横丁

アニマルショップ グラシアス

サッカーショップ

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM